散骨というのは亡くなった方の遺骨を細かくして散布する供養の方法ですが、この時に気になってくるのが法律の問題です。やってみたくても違法行為に当たり、逮捕される可能性を心配してやらない人もいるでしょう。実のところ、現時点の日本の法律では散骨を違法とする決まりはありません。きちんとした業者に任せれば誰もが利用できる供養の方法です。

しかし、法律で認められているとしても、間違った方法で散骨すると罰金を課せられる恐れあるため要注意です。遺骨の供養に関する法律として墓埋法が存在します。墓埋法では、墓地以外に焼骨を埋めてはならないという決まりになっています。

焼骨とは火葬済みの遺骨のことです。埋めてはならないという部分は埋蔵、つまり土の中です。ですから、散骨で違法になる例は、自宅の庭や山の中などの墓地とは関係ない土の中へ埋めた場合に限られます。一般的に業者へ依頼する散骨は海で行われるため、埋蔵には当てはまらず、逮捕されたり罰金を取られる心配がありません。

Similar Posts