近年、少子化の影響等で従来のお墓を建立しても、何代も経ずして無縁化する恐れが増えています。また都会では、そもそも墓地霊園を確保する事が難しく、また費用も非常に高額になっています。
そうした事から、永代供養してもらえる合同墓や納骨堂に埋葬される方が増えています。合同墓は、大きなお墓の下に埋骨スペースがあり、そこに多くの遺骨を合祀すると言うものです。一方の納骨堂は、ロッカー的なスペースに骨壺を納めると言う方式です。
個別に納骨される納骨堂は、寺院内のお堂に設けられたり、都会ではビル内に室内納骨堂として新たに設置されたりしています。個別に納骨されるため、お参りする親族等は個別の遺骨に向かってお参りする事が出来ます。
それに対して合同墓の場合は、そこに合祀された多くの親族の方等が、同じ墓標に向かって手を合せる事となります。
一般的には納骨堂より合同墓の方がスペースが少なくて済む事から費用は安い事が多く、費用の点からも最近では合同墓への埋葬を希望する人が増えているのです。