お墓を新しく建てるにはけっこうなお金がかかります。最近はずっと独身で、お墓を守ってくれる親族がいないといったケースもあります。従来通りのお墓のスタイルでは無理だ、という人には合同で供養してもらう方法があります。合同墓・共同墓では、多くの人と一緒に遺骨を納めて供養してもらうことができます。
合同墓・共同墓では、血縁関係のない人同士の遺骨を共同で納めて、供養してもらいます。いわばお墓を多数の人たちでシェアする形になります。石碑や供養塔があるスペースでまとめて供養してもらいます。従来のお墓に比べてかなりコストを抑えられるし、身寄りの居ない人にとっても安心できる方法です。宗教に関わらず利用できる点もメリットです。
まったく知らない他人と一緒に埋葬されることに抵抗感があるなら、合同墓や共同墓は避けておきましょう。また合同墓を選ぶ際にはどんな団体が運営や管理をしているのか、いつまで供養してくれるのか、年間の管理費はかかるのか、などをチェックしておきましょう。