永代供養墓は、いろんな種類があって合祀墓、合同墓、共同墓、合葬式納骨堂などがあります。
共同墓地とは、1つのお墓に多くの遺骨が納骨されているところのことです。
少子高齢化などにより、お墓を見る人がいないひとは永代供養を希望したりする人がいます。
以前より永代供養はありましたが、最近は特に増えてきたようです。
一般のお墓には、墓石が必要です。
そのため費用がかなり高額になります。
一般的にお墓を買うとなると、費用は200万円から250万円ほどかかってしまいます。
その他にも、年間管理費などもかかります。
共同墓地ではお墓が必要なく、一般墓地よりも費用も少なくていいのです。
共同墓地の費用では、10万円からあり高くても100万円ほどの費用が一般的です。
その他にかかっていた年間管理費の支払いなどの費用がかかりません。
共同墓地は、寺が管理するお墓なので、お盆やお彼岸にまとめて供養をしてくれるのが特徴です。
共同墓地は、寺がまとめて供養を行ってくれるので無縁墓にはなることなく、安心出来ることが一番のメリットです。