不特定多数の方と共にお墓に入るということを合同墓・共同墓といいます。この合同墓・共同墓を検討されるという方は終活においても増えています。では、合同墓・共同墓はどのような方が検討されるのでしょうか。
まず、お墓の継承者の問題によって、個人のお墓を建てないというという考えを持たれる方です。単純に継承者がいないというだけではなく、継承者となる残された家族などが遠くに暮らしているのでお墓の管理が困難であったり、お墓のことで煩わせたり負担をかけることをしたくないというような方が多いのです。合同墓・共同墓はお墓の管理は墓地などが行いますので、残された家族も安心です。
合同墓・共同墓は費用を抑えたいという方の需要も高いです。墓を一から建てるとなると膨大な費用がかかります。しかし、合同墓・共同墓の場合には複数の人とお墓を共有するため、お墓を建てる必要もなく、費用を確実に抑えることが出来ます。ただ、気を付けておかなくてはならないのは、一度合同墓・共同墓を行うと遺骨を取り出すということが出来ないということです。一度合同墓・共同墓を覚悟したら、その後変更は利かないので慎重に検討してください。